<< 遅ればせながら。。。「THE 有頂天ホテル」 | main | シナモンロール >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
いい味でてます。。。「バーバー吉野」
最近、邦画ばかり観てる気がしますが
これは、どうしても観たかった1作。。

「その町の少年は皆、同じ髪型をしていた」


「バーバー吉野」 2003年 日本
              監督: 荻上直子

バーバー吉野 スペシャル・エディション
バーバー吉野 スペシャル・エディション

『この町の子ども達は、昔から「バーバー吉野」で
髪を切ってもらっている。
その髪型は「吉野がり」と言われていて
この町の、風習のひとつでもあるのだ。
そんな町の小学校に、東京から一人の転校生がやってくる』

たかが髪型
されど髪型

この「吉野がり」をめぐって
少年達がイキイキと描かれています。

そしてそして
もたいまさこがいい!!

続きは↓からどうぞ〜(ネタバレ注意です)
綺麗な田舎の風景の中で
「吉野がり」の子ども達が
神社のお祭りで「ハレルヤ」を合唱している。
(DVDのパッケージがそれ♪)

とても異様な雰囲気なんだけど
愛らしく感じるのが、とても不思議。

この「吉野がり」というのは
大人でいえば、ペナルティのワッキーのような(?)
前髪が綺麗にそろった、キノコのような髪型。
昔からの風習なので、誰も不思議に思っていない。

もたいまさこ演じる「バーバー吉野」のおばちゃんは
登校する小学生ひとりひとりに声をかけるような
気のいい、やさしいおばちゃん。
他人の子供も、我子のように
やさしく、そして厳しく、いつも気にかけていてくれる
昔ならいたかもしれない、近所の床屋のおばちゃんを
演じている。

そこに、東京から今時の男の子が転校してくる。
皆から「吉野がり」を強要される転校生。
もちろん、その子は拒否!

バーバー吉野のおばちゃんは
「吉野がり」の伝統を守ることは、子供を守る事だと
ガンコとして譲る事はなく
最後は、我子を含めた少年達と対立する。

なんというか
途中で、ふ・・と思ったんだけど
ちょっと地味な「スタンドバイミー」?

少年が大人になっていく過程のヒトコマを
「髪型」を題材に、面白く、そしてやさしく
微笑ましささえも感じさせ、描いている作品だと思う。

最後に床屋の常連客の桜井センリが言った
「そして伝統は伝説になる」
って、ちょっとかっこいいな。。と思いました^^

「かもめ食堂」の荻上直子監督作品なんだけど
やっぱりこの映画も女性向きな作品かもしれない。
男性には、ちょっと退屈かもしれないなぁ〜
(個人的意見ですけど)

ってことで、私は好きな映画です。
ドロドロした所は、どこにもなく
少しクスっと笑えて、心地良い感じ。
重たくなくて、でもちょっと考える所があるなぁ〜という
今の私にちょうどいい映画でした。
|映画レポ | comments(0) | -
スポンサーサイト
|- | - | -