<< スイートポテトの季節になりました | main | いい味でてます。。。「バーバー吉野」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
遅ればせながら。。。「THE 有頂天ホテル」
まったくもって今更なんだけど
コレは観とかなきゃな〜と思っていたのに
なかなか観れなかった。。というか
観るのに気合がいるかしら。。と避けていた?
そんな映画を観ました。

それでも三谷作品だからと、
おおきな期待をもって観たのですが・・・

「THE 有頂天ホテル」 2005年 日本
              監督: 三谷幸喜



THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション
THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション

まぁ〜〜騒々しいのなんのって(笑)
次々入れかわり、立ちかわり
主役級の皆さんが、出てくる出てくる。
伏線もありとあらゆる所にはりめぐらされていて
うまく出来ているなぁ〜〜という感想です。

ん〜〜〜〜〜
でも何だろ〜

ラヂオの時間の時に感じた
爽快感や、ちょっとした感動や
そういうものはなかったかな。。
っていうか、そういうものを求める映画では
なかったんだろうけど>汗

大ヒットしたんだから
きっとみんな大笑いだったんだよね。
劇場だったらそうかな?

自慢じゃないけど、私、結構つまんない事でも
大笑いしてしまう方です(汗)
でもね〜・・・

続きは↓からどうぞ〜(ネタバレ注意です)
結局、私。。。
あまり笑えなかったんです。

コレは笑った〜〜♪
っていうのは、白塗りの伊東四郎くらいでしょうか(笑)

『大晦日のホテルを舞台に
次々起こるアクシデントにハプニング。
2時間後のカウントダウンパーティーを
無事に開催できるのか・・・』

ドタバタにつぐドタバタ。
ありえないよ〜〜の連続技。
オダギリジョーや唐沢寿明の
捨て身のキャラクター作り>汗

「誰がでてた?」と聞かれたら
よ〜く思い出さないと
10人くらいしか言えないかもしれない。
それくらい、豪華俳優陣を、とても贅沢に使ってる
そんな映画でした。

この映画のあらすじを
スラスラっとかける人はスゴイと思う(笑)
エピソードがありすぎて
私にはとてもムリです。

もっとハイな精神状態のときに観ると
ケタケタ笑えたのかもしれないなぁ〜
じんわりホンワカした「かもめ食堂」の
直後に見たので
なんだか、イマイチのめり込む事ができず
ちょっと残念でした。
|映画レポ | comments(0) | -
スポンサーサイト
|- | - | -