<< 今、何月なの? | main | かもめ食堂のシナモンロール >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
好きです。。。「かもめ食堂」
なんと言ったらいいんだろう・・・

今、この年齢で、この時に
この映画を見た事は
私にとっては、とてもよかったと思う。
観終わった後、にっこりして、ほんわかして・・・
でも、それだけじゃないかんじ・・・

「かもめ食堂」 2005年 日本
              監督: 荻上直子


かもめ食堂

何も起こりません。
ただただ、ゆっくり時間が流れる。
しかも、やさしく、たんたんと・・・

「だから何?」と思う人も多いだろうな〜と思います。
物足りなさを感じる人も多いかもしれないな〜と。

でも、私は、好きです♪
女性監督だからなのかはわかりませんが
繊細で、美しく、でもシンプル。

「なぜ食堂なの?」
「なぜフィンランドなの?」

観る前に抱いていた疑問なんか、どうでもよくなります。

続きは↓からどうぞ〜(ネタバレ注意です)
フィンランドのヘルシンキで
一人「かもめ食堂」を営むサチエ(小林聡美)。

日本でいだく「食堂」というイメージとは違って
テーブル、食器、鍋にフライパン・・・
とてもステキなお店です。
(日本の食堂がステキじゃないって意味ではありませんが>汗)

お客さんは全然きません。
だからといって、主人公のサチエは慌てない。
あのマイペースさは、どこからくるんでしょう。。

そこに日本からきたミドリ(片桐はいり)
マサコ(もたいまさこ)、それぞれと出会い
「かもめ食堂」を手伝いだします。

「いいわね。やりたい事をやっていらして」(マサコ)
「やりたくない事はやらないだけなんです」(サチエ)

しがらみも何もない
自由に、自分らしく、思ったように・・・
だからといって、気負う事なく、とても自然に。
そんなサチエは、とても魅力的です。

原作は、この映画のために書き下ろした
群ようこのオリジナル

かもめ食堂
かもめ食堂
群 ようこ

もたいまさこさんって、プライベートでも
群ようこさんと仲良しなんですよね〜^^

映画では、ほとんど掘り下げられていなかった
3人それぞれのことも、原作では細かく書かれているようです。

映画では、どんな人生を歩んできたのか
お店を出すまで、どんないきさつがあったのか
ほとんどわかりません。
でも、わからない事は気になりません。
(気になる人は気になると思うけど)
そんな事どうでもいいよ。・・って思えるんです。

日本かぶれの、豚身昼斗念(笑)
おしゃべり好きのおばさん3人組
コーヒーをおいしくするおまじないを教えてくれたおじさん
怒った顔で店の中をじっと見ているおばさん

悲しい気持ち、さみしい気持ち
いろんな気持ちを抱えながらも、
最後には、やさしい気持ちになっていく感じ・・・

映画全体に流れる空気が、とても心地よくて
おいしいコーヒーとシナモンロールがほしくなります。

映画としては、賛否両論あるところでしょう。
映画ツウの人や、男性、若い女性には
あまりウケない映画かもしれません。
「???」と想うシーンも多かったし>汗

でも、私は許せたんです。全部(笑)
それでもいいよ〜〜と思えるくらい
雰囲気が好きだったんです。
(個人的な好みなんでしょうけど^^)

いろんな事に疲れた時
誰にも邪魔されない時間に
コーヒーを飲みながら
ひとりでゆっくり観たい。
そんな映画です。

30代最後の日に、この映画を観れて
私は大正解だったと満足しています^^
|映画レポ | comments(0) | -
スポンサーサイト
|- | - | -